妊婦のブルーベリーの健康効果

妊娠をすると体に変化が起こり、悪阻などの症状に悩まされる
ようになります。

妊娠初期は、悪阻の影響で充分に食事を摂れないことが多いため、
貧血になりやすくなります。

貧血になると、立ちくらみや体のだるさなどを感じることが多いため、
疲れやすくなります。

ブルーベリーには、豊富なビタミンやミネラルが含まれているので、
妊婦の貧血を予防することができます。

ブルーベリーは、医薬品とは違い、食品なので副作用の心配がないので、
適量を摂取するようにして下さい。

果物のブルーベリーが手に入らない時は、パンなどにブルーベリー
ジャムを塗って食べるようにしたり、ヨーグルトなどにブルーベリージャム
を加えて食べるようにすると良いでしょう。

ブルーベリー

果物のブルーベリーには、抗酸化作用の高いポリフェノールや紫色の
色素のアントシアニンが含まれているので、眼精疲労を感じた時も
食べるようにすると良いでしょう。

妊娠初期の妊婦は、体調を崩しやすいので、保温性の高い衣服を着用する
ようにして、重いものは持たないようにしましょう。

妊娠初期の時期を過ぎて、安定期に入ると体の調子も良くなってきますし、
悪阻や貧血なども改善することが多いです。

妊婦には、ビタミンやミネラル、鉄分などの栄養素は欠かすことができない
ので、栄養のバランスの良い食事を心掛けることが大切です。

サプリメント類は医薬品とは違うので、安心して摂取できるので、食事を
作るのが辛い時期は摂取することも大事です。